「まちがいさがし」という歌は、小学生の間でも流行っているらしい。

「さがす」といえば、
・自分探しの中田ヒデ
・斉藤由貴のうふっふー
という世代の私ですが、
今さらながらにやりたいこと探しをしています。

この本よかったわー! 

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方


読んだら読んだで、結局、路頭に迷うんだけど!

というのも、探したい人は、探す余裕がなく、何かに流されているわけで、
その流されている何か(もしくは流されない原因になっている重し)を見切らないと、
自分探しすらできない状態になってしまうわけです。

そんなこんなで、私が最近思うのは、
・もっともっと小さい頃から、大人になる前から、こういうことを考えるべきだ
(この点は著者もおっしゃっています。学校教育で何故考えられないのか、と)
・探したことのない人でモヤモヤがある人は、時間をとって考えるべきだ
といったところです。

著者のセミナーもあるようですが、人気殺到で予約すらできない状況。
仕方がないので、本を読みながら、自分なりに自分自身で進めてみようと思います。

自分の得意なこと(才能)と
自分が好きなこと(情熱)と
自分が大事にしていること(価値観)の3つを
掛け合わせて、
やりたいことを見つけるとブレません、という論理です。

もともと整理整頓が好きで、分類が好きで、
物事がしかるべき場所に収まるのが好きな私といたしましては、
こんな話を聞いてしまったからには、やってみないと「モヤモヤ」しますw

私、小さなチャレンジが好きなんだな、と、最近強く思います。
いつも何かに挑んでいたい、全然大きい話じゃなくてもいいんだけど。
やってみたい、と思ったら、やる以外の気持ちは選べない。
その瞬時の判断、自分軸に関しては、結構自分の直感を信じています。

なんでだろうなぁ…不思議。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方


JUGEMテーマ:オススメの本



最近、自己分析というか自己理解というか、自分探しが流行ってます。(自分の中で)
なるほどーたしかにそうかもしれん、と、腹落ちしたものをいくつか備忘録します。

強み調査ツール「VIAキャラクター強み調査」
ポジティブ心理学の書籍から知ったものです。性格面での傾向が把握できます。

クリフトンストレングスファインダー
才能の強みが把握できます。

16Personalities性格診断テスト
職業タイプの「型」で診断されます。芸能人(海外)のサンプルも!

村診断
ハイスペ男子総研という個性的なサイトの診断ですが、本質ついている気が…。

結果はそれぞれなので、振り返って、総合的なまとめをしたいところ!
(日々意外ととっ散らかっていて、なかなか腰を据えて取り組めない)

あと、自分のホロスコープや、四柱推命の命式や、そんなものもオンラインで出してみた!
ですが、自力で読み解くのに根気と時間がかかるので、人を頼りたいところです。

あ、あと、自己理解の本を読みました。なるほど、でした。振り返ってみたくなりました。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM