▼すぐできる
□よく使う記号を辞書登録

▼新たに始める
□やりたいことを見つける(ひとり読書会)
□自己紹介を作る

▼具体的に始める
□Webデザイン(検定含む)

▼内容を考える
□文房具愛の吐き出し
□中学受験の記録(→別ブログ

▼占い
□占星術の学び(→別ブログ
□タロットの学び

▼好きなコト
整理整頓/分類
元の場所に戻す/定位置
明確な役割

▼好きなモノ
無印良品
文房具
デジタルガジェット
いぬ
ごはんとお酒

夕食後、ふとテレビをつけると、
いっつも東大王がクイズをしているイメージ。

東大生って他になんか世の中の役に立つこと、
地道にたくさんやっているんだと思うけど、
Googleアースでまだ宇宙みたいな映像見ただけで、
世界遺産とかが分からないと役に立たないんだとしたら不毛。
正直、やっぱすごいなーと思うけど。

毎朝、検温して登校する我が家の小学生たち。

「熱測ったー?」
私の問いに対して、
「何度だったと思う〜?」
と、めっちゃ嬉しそう。うふふえへへの顔。

なんでだ。熱がなければ、何度でもいい。
健康ならそれでいいんだけどな。

「んー36.6?」
「ぶぶー」
「7」
「ぶぶー」

この時点で、もういいよ、の気分なのだけれども、
ピタリ賞が出るまで問いは続く…

このようなあまり問題のないクイズなら、
苛立ち以外のデメリットはない。

が、昨日の夜の話。

21時近くに塾から帰宅した兄。

「今日の社会のテスト何点だったと思う〜?」
と、やはり、うふふえへへの顔。

これはなかなかよかったのかな?と思って、
「80点?」
と返したら、なんと、
「そんなん取れるわけないじゃん…」
「80点なんて一番いいクラスで数人しかいないし…」
と、まさかのダメだった宣言&言い訳。

根っからのファイター&ロックンロールの私としては、
一生懸命やってもダメなことはあるし、
たかが日々の確認テストだから気にしないで全然いいけど、
開き直って自虐ネタにするのは許せない。

「クイズにして楽しむ様なことじゃないよね。
少なくとも、私は、そう思うよ」

と伝えさせていただいた。

それにしても、本当に毎日毎日クイズ形式攻め(責め)なのは
なんでなんだろうと、思いを巡らせた結果として、心当たりとしては、

なるべく、長く、楽しく、私と話したい。

っていうことなんじゃないかな、と。

ただ、結果を話したり、数値を報告したりするだけだと、
日々、効率重視スピード重視のブルドーザー母さんとはゆっくり話せない。

クイズだったら、楽しんでくれるかも!という企画型営業スタイル。

でも、研修とかセミナーとかでも、質問形式で参加を促されるの、苦手。
だから、うまくエンターテイメントに乗り切れないんだよね。申し訳ない。

育児に効率を求めたら、それはただのお世話になってしまう。
最近、育児に関わる方にお聞きして、腹落ちしたばかりなのに。

と、効率を求めないコミュニケーションを、
少しずつ増やしていかなきゃな、と反省したクイズの夏です。

JUGEMテーマ:育児



1週間のバイオリズムに合わせて、こんな感じでどうだ!?と子どもたちと話した。

月曜日:元気に行こう!
火曜日:丁寧に行こう!
水曜日:ささっと行こう!
木曜日:慎重に行こう!
金曜日:気楽に行こう!


月曜日はバタバタしてて忘れ物とかもありがちだけど、
それでも元気で学校に行ければいっか!

火曜日は昨日のバタバタを反省して、ちょっと丁寧に、
持ち物とか部屋とかを見回してから行こっか!

水曜日は時間割が短めで、自由な時間を増やしたいから、
ささっとスピーディに行動して行こっか!

木曜日はちょっと疲れも出てくるから頑張りどころ、
無理しないようにちょっとセーブして行こっか!

金曜日は週末の美味しいものとか楽しいことをイメージして、
パパッと明るく、ウキウキしながら行こっか!

こういう、何かの流れのイメージを、形にしたり言語化するの、好き。


JUGEMテーマ:育児



ようやく小学校が始まった。

といっても、午前中の2時間だけ。
先週は朝8時から10時、今週は10時半から12時半。

3月末までフルタイムで働いていた母が、朝からずっと家にいてくれて、
ごはんもおやつも宿題(叱咤激励含む)も面倒見てくれる生活は、
小学生の兄妹にとって、どんなものなんだろうか。

会社を辞めてすぐの時には、「家にいてくれると安心」
と嬉しそうだった妹は「安心」に慣れきってしまったようだ。
勉強しているはずが、ぼんやりお気に入りの女子本を読み耽っていたり、
お絵かきや小物の整理(という名の現実逃避)をしたりしている。
たまに、はっと気がついたように、テキストを開くのだけど、
私の目を気にしているんだなぁという感じで、身が入っていないのがわかる。

兄は、声変わりし始めて、気持ちもやや不安定。
家族の言動にイライラしている瞬間も見受けられるのだが、
最近、それを乗り越えて、自立(自律?)への道を歩んでいるように見える。

まず、朝起きてからの行動が変わった。
・寝坊しないように気合が入っている。
・起きてすぐ着替えて前の日に決めた課題(勉強)に取り組む。
・言われなくてもできることが増えた。(検温、うがい、洗濯物片付けなど)
塾のライブ授業がある日には、
授業前にここまでやっておくつもり、とぶつぶつと話すようになった。
つい数カ月前までは、私がリストアップ&チェックして、ようやく片付けていたのに。

兄がしっかりすればするほど、妹の曖昧さが目立つ。

年子とはいえ、1歳10カ月違うのだから、当たり前なのだけれども、
妹がすーんごい兄に威張るので、歳の差を考慮する気がしなくなる。
妹は、妹→兄のコントロールの構造を作ろうとする。
兄のできていないことを次々と指摘する。しかも呼び捨て。
私にしてみれば、
「あなた(妹)もまったくできてない」
という感じなのだけど。

兄は兄で、俺の方が年上だし、と圧力をかけようとする。
本来とても気の優しいタイプで、動物や年下の子に不思議と好かれるのだが、
小うるさい妹に寛大に振る舞えるほど、まだ彼も大人にはなりきっていない。

当然に、毎日のように言い合い。暴力はない、それはいいところ。

相手のできていないところの指摘合戦となる。

そもそも、彼らは、何を目指しているのか。
何ができるようになれば、指摘合戦にならないのか。

思いつくのは、私からの合格点。

私に言われたことができたかどうか、で、相手を評価する。
できてなかったら、指摘する。(当然、できていることは言わない)

私のお願いは、脱ぎっぱなしにしないとか、椅子はちゃんとしまうとか、
普通の生活ルールがほとんどなのに。えーーーめんどくさ、もう高学年なのに。

自分に甘く、人に厳しい。思春期にありがちなのか?
世の中の全てにイライラしていた時期は自分にもたしかにあるけれども、
それが一番長く過ごす相手に向かうのはいやだなぁ…ステイホームだし。

あ、もしかしたら、妹は、私に対する憧れ(母のように振る舞いたい)があって、
兄のお世話を甲斐甲斐しくしたいのかも…私が兄妹やわんこに対するのと同じように。
妹にとって、女性としてのロールモデルのようなものが、母になる可能性はある。
だとしたら、なおさら、とにかくいろいろ指摘するのが母の役割だとは、思って欲しくない。

改善のために、幼子だったときどうだったかなぁと、初心に帰って、
・できたときにほめる
・できなかったときは気にしない(私も指摘しない)
・最低限守ってほしいことは意味と一緒に個別に伝える(マスクして、手洗って、とか)
という対策を講じようと思う。

兄妹が言い争うのは、全く気分がよくない。
自分のことを棚に上げるのやめてほしい。人の評価を勝手にするのやめてほしい。

あーーーめんどくさ、と、行き詰まったら、
ふたりを置いて、ふらりと用事を片付けに外に行くようにした。
郵便局でも、コンビニでも。1時間もない、30分ぐらいのもの。

その間に、もっと険悪になっていることもあれば、
ふたりで仲良くわんこと一緒に映画を見ていることもある。

3人いたら、もめるんだよね、やっぱり。
まだまだ育児真っ只中だなぁと思う、ステイホームの日々です。

JUGEMテーマ:育児



スピ系ではありませんが。

(1)小諸そば

超久しぶりにいった大好きな小諸そば。
いつもの冷やしたぬきそば(お腹空いてたので二枚盛り)を頼んだら、
結構待たされて、なんだろうなーと思っていたけど。

茹でたてをお出ししますので少々お待ちくださーい。

はい、待ちます。
私に茹でたてを出していただけるのですね。大感謝。

(2)ブルーインパルス

先日、東京上空を飛んだブルーインパルス。
飛ぶのは知っていたけど、その日だとは思っていなくって、
空腹児童のためにモスバーガーまでチャリぶっ飛ばしてた。

モスに着く直前の横断歩道で赤信号につかまって、
ふと空を見上げたら、
ぶいーーーん、と、すごい飛行機が目の前を横切った。

ハンバーガーを受け取った帰り道。
そういえば、ブルーインパルスは2周するんだよな、また見れたらいいな、
と思いながらも、チャリンコをぶっ飛ばして、
空腹児童のために家に急いでいたところ、
マンションについて自転車止めよーっと思ったその矢先、
ぶいーーーん、と、また通り過ぎたよ、目の前を。
おかえりー、毎日おつー、みたいな感じだったけど。

(3)そもそも

こんな風に家族に向かわなくてはならなくなる直前に、
会社を辞めるチャンスをくれたのは、すごいなあと思っている。

神?神なのか。

小諸そばは、茹でたてじゃなくても別にうまいよ。

昔から占いが大好きなのだけれども、反面、根拠のない何かに心を奪われてしまうのは、どうなんだろうか、という迷いもあります。


先日、ものすごく久しぶりに美容院に行って、いつも髪の毛を切ってくれる人ではなくて、ただたまにお子さんの話(まだ小さい、赤ちゃんぐらい)をするだけの店員さんと会話しました。

私は3月末でたまたま仕事を辞めていたからよかったものの(それなりの不安や先行きの見えなさはあるのだけれども)、仕事も子どももという状況で働かなくてはならない人たちの不安たるや、お顔を見るなり押し寄せてきて、大変だったでしょう!保育園大丈夫?家で過ごすのも大変だよね?と、お話ししている間に、彼女の感情が、なんらかの感情が、憑依してきたのです。

憑依って言い方は適切ではない前提なのだけれども、その瞬間、ぐわって気持ちが押し寄せてきて、気づいたら私の右目の端から、涙がこぼれ出ていました。

テレビでもドラマでも、自分の子どもたちとなんら関わりのない行事でも、ぐわって人の気持ちが押し寄せてくることがよくあって。歳のせいだと思っていたわけなのですけれども。

そんな、へとへとの真夜中、どうにも寝つきが悪くて、手に取ったのは、石井ゆかりさんの「蟹座」。

「自分のことではないのに、自分のことのように思える」。この現象が、実は、蟹座を支配するひとつの原理なのです。


ああ。

この本はだいぶ前に手に入れていたものなのに、しっかりと向き合っていなかったのでした。蟹座は、感情に支配されている星座なのでした。その割に自分自身の感情ときちんと向き合っていないのでした。おそらく。

感情の解放。これがこれからの世の中を生き抜くためにキーワードであることは、間違いない。そう思っています。


JUGEMテーマ:占い



ちゃんと物事を書こうと思って、ツイッターの連携を解除してみました。

怒りや葛藤や、混乱や希望が、渦巻いている2020年冬ですが、何か大きな引きを感じているのもたしかです。明確な何かは見つかっていないし、無駄金みたいな投資もしていますが、動かないと始まらない気がしていて。

んーとはいっても、まずは家をキレイにしたい…断捨離や!
※体重は8カ月で9kgちょっと落ちました。

16:39
RT @atsushi19630312: 職業 吉川晃司 #吉川晃司 https://t.co/8OKZ0Nb9ny
16:40
RT @atsushi19630312: 『 吉川晃司 35th Anniversary Live TOUR Premium Exhibition 』 spice.eplus.jp/articles/264500 2月1日にデビューした吉川晃司さん 36年目に突入しました これからも走っ…
16:49
背中が痛い。くしゃみすると激痛。骨折れてたらどうしよう。
18:23
RT @kocho_katsuhiko: note用の縦型カスタマージャーニーマップを書き上げました。週明けに公開させていただきます。そこそこ長めのジャーニーになりました。 カスタマージャーニーマップがブログコンテンツとして致命的なのは、画像だからテキスト抜き出しできないこと…
22:29
Amazonで予約したのに届きません… #吉川晃司

00:00
そして、人の立場に、人の気持ちに、寄り添い過ぎになりがちなのを感じる。寄り添って何かできればいいのだけど、何もできない時に、とても苦しい。
00:01
ここの思考チェンジが、今後の私にはおそらく必要なのだと思う。自分に何かできるとは思わないこと。でも、寄り添うことはできるかも、ということ。
00:05
小学校から中学校にかけて、八方美人、と言われたことがあった記憶があって。いい意味じゃないのは分かってたけど、あまり腑に落ちていなかったけれども。
00:06
いま、わかる気がする。特にその頃の女子グループにおいて、どっちにつくか、誰の味方か、が大事だった段階で、誰にでも寄り添おうとするような活動は「八方美人」だったのかもしれない。
00:06
誰にも所属しない。そうやって生きてきたと思う。
00:06
私は私。吉川晃司は職業吉川晃司だし。
00:07
おもねらない、って、そういうことなのだろうか。
01:12
地震や
07:33
@gosukenator @BrusselsGrill ブリュッセルのポテトほんと美味しかった…食べたいです!うらやましい!
10:32
子どもたちに毎月千円の積立定期を作成した(2/1) 誕生日と同じ日付で積み立て実行される。
10:33
申し込んじゃったーo(^▽^)o twitter.com/bird79t/status…
16:08
RT @eiji_nagano: 進捗管理だけをやってるWebディレクター職の人もいると思うけど、本質的に「Webディレクター」とは言いがたい。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM